wsxinghytjh (wsxinghytjh) wrote,

世界陸上で印象的だったことは

ご好意に甘えさせて頂きます」

(私がライドウと接触するのは嫌、か。ここは譲歩しましょう。彼女にはまだ聞きたい事もある)

「任せて下さい、数日の内にお届けしますから」puma シューズ

「お待ちしていますわ。お話は変わるのですけど、そのご好意にもう一度甘えさせてくださる? 実はどうしてもカハラ様にお聞きしたい事がありまして」

「私にでございますか? 立場上、他国の方にお答え出来ない事も多いですがそれでもよろしければ」

(何を聞く気? 相当数の諜報員を入り込ませている癖に)

「勿論ですわ。貴国では独自性の強い技術を発展させていらっしゃいます。実は我が国でも最近火薬への関心が高まっております。つきましては是非ローレルでの火薬の取り扱いや利用法についてお聞かせ願えないかと」

「火薬、でございますか。貴国があのような物に関心を持たれているとは初耳です。そういうお話でしたら私の知る限りでお教えしますわ」

(火薬。意外ね。危険な利用法もあるにはあるけれど、あれは魔術には遠く及ばないのよね。無駄に危険ばかり付き纏う印象だけど、どうして……。当たり障りの無い事だけ教えておくとしましょうか。もう貴女の耳には入っているような、ね。担当の者に少し警戒を深めるよう言いつけておく必要があるかもしれないわ)

「はい。よしなに」

(帝国の火薬への関心、知れば当然警戒するわよね。警戒は時に情報の位置を露見させる。ウチの諜報員を舐めない事ね。智樹の眼にヤラレて死力を尽くすウチの|娘(こ)たちを……)

 既に知っている火薬の利用法や価値についての講釈を聞きながら、リリと彩律のにこやかな化かしあいは続いた。 


「レンブラント、ここにおったか」

「これはこれは将軍ではありませんか。お見えになると知っていればこちらからご挨拶に伺いましたものを。はて、ロッツガルドに来られるのはリュジニ家の方だと記憶しておりましたが?」puma スニーカー

「うむ、俺は来る予定など無かったんだが。ステラ砦の作戦に従軍する事になってな。通り道で丁度ここが学園祭の時期だったから行軍の息抜きを含めて少し寄り道だ。で、お前を見かけたのだ。今日は執事はおらんのか?」

「はい、妻を連れて来てしまいましたので店の事を任せております」

「護衛は無しか。ツィーゲのドンがそんな事ではいかんな」

「いえいえ、代わりに頼れる者を連れてきておりますよ。以前にご報告したクズノハ商会の新米商人、彼に供をさせております」

 ツィーゲの首領であると言われた事には否定せず、レンブラントは将軍の接触の意図を察した。

「……ふ、その件でお前に苦言を言おうと思っていたのだがな。そうか、上手く飼い慣らしておるか。何でも本拠をここにして我が国とは関係は無い、そんな舐めた態度を取る奴だと聞いていたからな」

 クズノハ商会の手綱を握っているか。その事を抜き打ちで見に来たのだろうと考えたレンブラントの推察は正しかったようだ。
 ならばとツィーゲで君臨する自己のイメージを否定しないことで己の自信を彼に想像させ、ついでライドウを同行させている事を話して彼との力関係をも誤解させる。
 その思惑の成功はアイオンの将軍からの返答でわかるものだった。

「所詮は若造でございますよ。現に、今も我が商会に間借りしてクズノハ商会はツィーゲにもありますしご安心下さい。そうだ、将軍はお酒がお好きでしたな。あちらに美味い酒を出す女がおりました。さ、少しだけ私にお付き合い下さいませ。ささ」

「お、おっと。レンブラント、そう急かすな。済まぬな夫人。少々ご主人を借
http://www.shoessillegal.com
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments