wsxinghytjh (wsxinghytjh) wrote,
wsxinghytjh
wsxinghytjh

アップル、スマホでアジア攻略へ

る恥辱は計り知れない。

「そんな場所があるのか?」
価格 時計
「言わせるなって! 真のお父さんから真顔で言われたんだよ。その後お母さん出てきて有耶無耶になっちゃったしね。あの母親何か習ったことあるのかね。黙らせる時のあれは、見事な鳩尾への一撃だった。ま、それ以来どうにも聞き難くてねえ。まあ死んでないならその内に戻って来るんじゃないかって放置してるんだよ」

「むぅ」

「直接聞きたいなら住所は教えてやるよ。私の知り合いだから一応大丈夫って一筆書いてやるし。どの道、居合いなんぞ教えていくつもりなら近いうちに挨拶に行くべきだろう?

「ま、それもそうだな。じゃあ今夜にでも付き合ってくれ」

これには夏が固まる。一筆書いてやると言ったのだ。どうして一人で行けと言われている事をこの熊は理解しないのか、この熊は。彼女は二度そう思った。

「玄の字、私も一緒に来いと?」

彼が訪問してきた時の再現を見ているような苦悶の表情を浮かべる夏。

「ああ、夏だって真の事、気にはなってるんだろ? だったら一緒の方が迷う心配も無い」

俺が、を彼は付け足しておくべきだろう。ご町内の、しかも知己の家を訪れるのに迷うほど夏は愉快な人物ではない。

「そうか。あんた、馬鹿だったな。忘れていたよ。良く私の家まで迷わずに来れたと褒めてやるべきだったか」

玄一の極度の方向音痴と地図の見れなさは伝説的にひどい。夏が玄一と初めて出会ったのも、彼の特筆に値する方向感覚の産物だった。

「さて、初めて会うが真の家族はどんな人達か。楽しみだな!」

「……まあ、驚かないように。びっくりするくらい真に似てないからね」

「そりゃ楽しみだ!」
d&g 時計
玄一の豪快な笑い声が響く。ご近所迷惑な声量で。

夏は眉間に皺を寄せるものの、玄一の強引な手で同行することになったことを少し感謝していた。

何とも微妙な言い回しで誤魔化されてしまったと感じていたから。足が向かなくなってはいたが弟子の事だ。気にならないわけが無い。

(急な事だが、土産は何を持っていこうか。玄一(これ)は戦力外だからな、置いていくかね)

茶でも飲んでいろ、と玄一を客間に上げる。

訪問の約束を電話で取り付けると、夏は玄一を置いて買い物に出るのだった。
************************************************
ご意見ご感想お待ちしてます。お気に入り4000件突破記念、extra第七弾であります。
それではどうぞ^^
※日本他、神様の名前が登場します。が、その関係性については独自の設定を使っております。実際の神話における記述や性格と一致しない事も多々ありますので広い心で御覧下さいませ。

********************************************
extra7 その頃……②

太陽神というのは大変な仕事だ。

とにかく、月と違って太陽を司る神には創造神や主神となる事も多くて面倒が絶えない。

だからといって何日か留守にしたりサボったりすると一発で世界に影響が出てしまうので下手に休む事も叶わない。因果な仕事だ。

しかもそれで報われる程に慕われ信仰されると言うのならまだしも、この国においてはそれも大して期待できない。

最近は、一応弟のおかげで楽が出来ていたのだけど……。

私は重い気持ちのまま執務室の戸を引く。

侃々諤々。喧々囂々。

はぁ、またか……。

勢いのある言葉で議論をするのはまだ良い。きちんと先に進むのなら我慢も出来る。

だけどこの騒ぎは各々が騒ぎ立てるだけで、ちっっっとも前に進んでいないのだからただの騒音である。つまり五月蝿い。
http://www.watchsintellual.com
これが私が常普段何かにつけ呼び
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments